ブログ

HOME > ブログ > 歯周病は老化現象ではありません!!

歯周病は老化現象ではありません!!

[歯周病] ブログ村キーワード

歯周病とは

多くの方が虫歯についてはご存知かもしれませんが、歯周病についてはよく分からないという事が多いのではないでしょうか?

私がこれまで治療させて頂いた患者様の中には、歯周病や歯槽膿漏が『加齢に伴う老化現象によって起きる』と考えていらっしゃる方が多くいらっしゃいました。

 

しかし、歯周病とは「歯の周囲の病気」と書くように歯を取り囲んでいる組織に細菌が感染して起きる細菌感染症です。

きちんと検査を行い、適切な治療を行う事できちんと克服できるばかりか、若い年齢からきちんと口腔清掃習慣を身につける事で十分に予防が可能な病気なのです。

 

2016年現在、『歯周病』は日本人が歯を失う原因の第1位となっているにも関わらず未だに全容が解明されていない病気なのです。

 

歯周病は未だに世界中で研究されている!

実は、歯周病が病気として認知され始めたのは最近になっての事で、世界中で未だに多くの医師や科学者が研究を行っている最中の分野です。

日本で本格的に研究が始まったのはつい50年ほど前からで、アメリカなどの諸外国と比べて50年も遅いスタートとなりました。

 

アメリカやスウェーデンなどでは医療費が日本の10倍近くかかるという背景もあり、歯周病の予防に対する意識は日本人と比べて格段に高いです。

一方、日本の医療の良い点は低価格で質の良い医療が受けられる点ですので、これを生かして歯周病予防や早期発見・早期治療に役立てる事ができると私たちは考えています。

 

しかし、今の日本の保険診療は病気の治療に対しては保証していますが、予防処置に対してはほぼ保証していません。

そこで、歯周病を始めとする多くの病気を予防するためには正しい知識と適切な病院を選ぶ事が大切です

 

 

このブログは日本歯周病学会認定の歯周病専門医が記事を書いていますので、歯周病にお悩みの方もこれから歯周病を予防していきたい方にもお役に立てるようになっていますので、どうぞご参考にしてください。

 

また京王・小田急永山駅から徒歩8分にある福嶋歯科医院では、多摩市馬引沢を日本で歯周病が少ない地域にするための取り組みを行っている歯医者ですので、お気軽にご相談ください。