ブログ

HOME > ブログ > 妊娠性歯肉炎とは

妊娠性歯肉炎とは

胎児にも影響が出る「妊娠性歯肉炎」とは

妊娠性歯肉炎とは主に妊娠中に起きる歯周病の一種です。

歯周病菌の中には女性ホルモンを餌として好む通称「P.i.」と呼ばれる細菌がおり、特に妊娠中は女性ホルモンの量が多くなる事から菌が増殖しやすくなります。

また、つわりなどで規則的なブラッシングができなかったり、生活習慣が乱れてしまうと口腔内の環境が不潔になりやすく免疫力も下がってしまいます。

そのため妊娠を望まれている女性は妊娠する前から歯医者さんに通院してケアを行っていく事が大切です。

特に私たちの歯科医院がある多摩市馬引沢エリアや永山駅・多摩センター駅周辺のようなエリアでは小さいお子さんやこれから生活の基盤を立てていこうとお考えの若いカップルの方が非常に多いので、長期間通えるような同年代の院長先生がいる歯科医院を選ぶ事をおすすめします。

妊娠性歯肉炎には次のような自覚症状があります。

  • 口臭が出るようになった
  • 歯ブラシのたびに歯茎から出血する
  • 歯茎が腫れている感じがある
  • 口の中がスッキリしない

 

虫歯のリスクも上げる妊娠期の口腔内環境

妊娠性歯肉炎の発症に限らず、お口の中不潔になる事で虫歯が発生するリスクも高まります。

特に妊娠中は治療内容や使えるお薬に限りがあるので可能であれば妊娠前に虫歯は全て直しておく事が望ましいです。

また以外と忘れがちなのが「親知らず」で、親知らずの周囲は磨き残しが残りやすく歯周病が発生しやすい場所の1つです。

出産後に抜歯する事も考えられますが、小さいお子さんが居る状態で病院に通うのが大変だったりという事も考えられますので、前もって抜いておくと安心です。

 

また日頃から歯科医院でクリーニングやブラッシング指導等を受けてしっかりプラークコントロールが出来るようにしておく事もおすすめです。