ブログ

HOME > ブログ > 歯周病検査① 口腔内写真

歯周病検査① 口腔内写真

68a639f6f6af6f0ab870d0d77811ac78_s

歯周病治療での口腔内写真撮影のメリット

多摩市永山の歯医者、福嶋歯科医院では特別にセッティングされた「デジタル一眼レフカメラ」を使ってお口の中の状態を記録する「口腔内写真撮影」という検査を行っています。

この検査を行うメリットには次のようなものがあります。

 

① 一緒にお口の中の状態が確認出来る

お口の中を客観的に見る機会はあまりないのではないでしょうか?

これまで歯医者さんでどんな治療を受けてきたか分からない方でも、実際に口腔内を見ていただく事で今のお口の状態が把握できます。

特に一昔前ですと写真を撮影した後に現像するまで時間がかかっていましたが、今では撮影後すぐに写真を見る事ができるため、その場で治療の重要性や妥当性をご理解いただく事ができます。

 

②患者様がお帰りになった後でも観察ができる

福嶋歯科医院では患者様一人一人に綿密な治療計画を立てる事をお約束しています。

治療計画は主に診療終了後に行いますが、その時にお口の中の写真を見ながら治療計画を立てると非常に良いものが出来ます。

 

例えばレントゲン写真でもかなりの情報を得る事ができるのですが、その患者さんの歯がどんな色をしているとかどんな風に傾いているとか言った情報は分かりません。

中には口腔内写真を撮る事に抵抗を感じられる方もいらっしゃいますが、歯周病をしっかりと治していくために撮影される事を強くおすすめ致します!

 

③治療前後の比較を行う事ができる

歯周病の治療が進んでくると歯ぐきの状態が改善してきます。

歯ぐきの変化は非常にゆっくりなため治療前がどのような状態であったかを記録しておくと、治療結果の比較をしやすくする事ができます。

 

また私たちとしても治療の予後を追う事ができるので医院内での勉強会や学会発表等に役立てる事ができます。

歯肉を移植した場合や審美的な治療をご希望の方には特におすすめです。

 

口腔内写真撮影を行うデメリット

基本的にカメラでお口のお写真を撮ることにデメリットはありません。

たまにお口の中に口内炎ができている方などは器具が当たると痛みを感じる方もいらっしゃいますので、そういった時は無理にお写真を撮ることはありませんので、ご安心ください。

歯周病検査② レントゲン検査
歯周病治療でのレントゲン検査歯周病治療を行っていく上で、エックス線を使っての画像診断は欠かせません。多摩市永山の小田急永山駅から徒歩8分圏内にある歯医者、福嶋...