ブログ

HOME > ブログ > 歯周病とリウマチとの関係

歯周病とリウマチとの関係

これまで歯周病と糖尿病、心筋梗塞、肺炎などとの関連についての解説を行なってきました。

そして、歯周病の治し方は専門医による徹底的で大胆な治療が不可欠です。

 

実は最近になり、歯周病と『リウマチ』も関係があるのではないかと囁かれ始めています。

これはまだ研究段階の話で、データ上でも十分な証拠が揃っていないため直接の関連ではないかもしません。

 

日本歯周病学会が発表したデータによると、歯周病を患っている患者さんはそうでない方に比べて2倍リウマチになりやすい傾向があることが示唆されました。

このデータは実は統計学的に有効な数値でないためにまだ懐疑的なデータではありますが、少なくともリウマチの治療によって免疫機能が低下して、細菌感染は起こしやすくなります。

 

リウマチとは、いわゆる『自己免疫疾患』の一つで、自分の免疫が自分を攻撃してしまうという病気です。

つまり、本来であれば体の中に入ってきたウィルスや細菌をやっつけなければならない兵隊が、間違って自分を攻撃し続け炎症を起こしている状態です。

 

永山駅から徒歩8分にある歯周病専門の歯医者「福嶋歯科医院」では、こう言ったリウマチと歯周病の両方に悩んでいる患者様も多く来院されている歯周病専門医のいる歯科医院です。

多摩市にお住まいの方や京王線・小田急線沿線にお住まいの方はいつでもご相談してください。

歯周病と腎臓の病気の関係
歯周病と腎臓の病気の関連についてはまだ研究がはじまったばかりです。 日本歯周病学会の発表したデータによれば、歯周病の患者さんでは慢性腎臓病になる確率が1.6...