ブログ

HOME > ブログ > 手動の歯ブラシの欠点

手動の歯ブラシの欠点

toothbrush-demerit

以前、手用歯ブラシの歴史や利点について解説をさせて頂きました。

手動の歯ブラシの利点
歯ブラシには大きく分けて『手動はぶらし』と『電動歯ブラシ』の2つがあります。 手動歯ブラシの歴史は古く、今から500年ほど前にはその原型となるものが中国...

そこで、今回は手動歯ブラシの欠点やデメリットについて解説を加えていきます。

 

手用歯ブラシの欠点

まずは手用歯ブラシの利点からおさらいしましょう!

  • 安価に購入できる
  • 力加減を細かく調整することができる
  • 様々なタイプから自分に合うものを選択することができる

特に手用歯ブラシの大きな特徴が「力加減」や「角度」を細かく調整できることです。

 

しかし、場合によってはこれが欠点となる場合があります。

歯ブラシの操作は、持ち手の技量に左右されてしまうからです。

 

はぶらしを的確な場所に当てるには「歯の構造」を知り、「指先を使って操作」しなければなりません。

そのため当院では模型や歯のイラストなどを使ってなるべく想像しやすいような歯ブラシ指導を行なっています。

 

そして「指先を使って操作」するのは何と言っても練習量が必要です。

車の運転などと同じく、最初はおぼつかないかもしれませんが、何度も根気よく練習をしていけばきちんと自分の手で歯を磨くことが出来るようになります。

そしてそれが一番の歯周病治療になるのです。

 

手用の歯ブラシをきちんと操作することができるようになれば、歯ブラシ1本だけでかなりの部分を清掃することができ、結果として日常生活の中に歯ブラシを取り入れることが楽になります。

 

当院では、東京都多摩市の馬引沢エリアの「歯周病治療専門医」として特に永山駅周辺の方々の歯周病治療、予防に力を入れていますので『歯周病をしっかりと治療したい・予防したい』とお考えの方はお気軽にご相談ください。