ブログ

HOME > ブログ > 歯周病予防に効果的なワンタフトブラシの特徴と選ぶ基準

歯周病予防に効果的なワンタフトブラシの特徴と選ぶ基準

ワンタフトブラシとは毛先がまとまった、細長い歯ブラシのことを言います。

このワンタフトブラシにはいくつかのタイプがあり、東京都多摩市の歯周病治療専門の歯科医院である当院では、患者様のお口の健康状態に合わせてワンタフトブラシのタイプをおすすめしています。

ライオン EX onetuftウェブサイトより引用

ライオン EX onetuftウェブサイトより引用

特に毛先がバラバラと散らばったタイプの『onetuft systema』ワンタフトブラシは歯と歯の間の狭い部分に入りやすいため、歯周病の予防や歯肉炎の治療に最適です。

 

またそのほかのタイプもピンポイントで磨けるのと、L字に曲がった形状が普通の歯ブラシでは届きにくいエリアに届くので、親知らずなどの「生えかけの歯」「一番後ろの歯の後面」などの清掃に適しています。

one-tuft-brush

特に歯周病は「歯間部」「歯の後ろの面や内側」から発症しやすいので、通常の歯ブラシでは磨きにくいと感じる場合、清掃用具を変えると磨きやすさが改善します。

 

ワンタフトブラシを選ぶ基準としては、水はけの良いナイロンで出来ているものを選ぶと良いでしょう。

メーカーはどのものでも遜色はありません。

 

当院は京王線・小田急線「永山駅」にありますので、お近くにお住いの方でワンタフトブラシや歯ブラシに関して知りたいことがある方はお気軽にご来院ください。