ブログ

HOME > ブログ > 歯周病予防におすすめのワンタフトブラシ

歯周病予防におすすめのワンタフトブラシ

「お口の専門店」Web Siteより引用

[歯ブラシ] ブログ村キーワード
ワンタフトブラシは使いどころを見誤らなければ、歯周病の予防や歯肉炎の治療に非常に効果的な「歯磨きツール」です。

特にワンタフトブラシは形がL時に曲がっているので、通常の歯ブラシではほっぺたが邪魔して届かない奥歯に効果を発揮します。

 

また毛先のサイズが「通常の歯ブラシ」と「歯間ブラシ」の間のサイズでもあるので、歯茎が下がって歯と歯の間が少し開いているような場所にも届きやすいのが特徴です。

 

そこで今回は数ある歯間ブラシの中でも、東京都多摩市で歯周病治療の専門病院として従事させていただいている当院がこれは良いな、使いやすいなと感じているものをご紹介します。

ここで、ご紹介するものはあくまでも歯周病専門医の目線から見て使いやすい形状、素材でできているものを選んでいるのであって、そのメーカーでなければ絶対行けないというわけではないことをあらかじめご了承ください。

 

おすすめ1 LION EXワンタフトシリーズ

ライオンの「EXワンタフト」シリーズには「S」、「M」、「Systema」の3種類があり、形やサイズも使いやすいためオススメです。

その他のメーカーのものでも似たサイズであれば問題ありません。

 

タイプによる使い分けについては以前の記事をご参考にして下さい。

ワンタフトブラシに効果的な部位とおすすめの使い方
前回、ワンタフトブラシとはどんな歯ブラシなのかを解説させて頂きました。その中でワンタフトブラシに適した部位の代表的な場所として、歯間部があるともお話ししまし...

 

おすすめ2 ネオタフトブラシ

「ネオタフトブラシ」は普通の歯ブラシの先端がワンタフトブラシのような形になっている商品です。

「お口の専門店」Web Siteより引用

「お口の専門店」Web Siteより引用

通常の歯ブラシとしてはもちろん、細かい部分をピンポイントで磨きたいときにもオススメです。

特に乳歯と永久歯が混在しているようなお子さんや、歯周病で歯茎が下がってしまっているような方には使いやすいです。

 

ということで、福嶋歯科医院ではワンタフトブラシとしてはこの2つをオススメさせていただいています。

より詳しい情報をお知りになりたい方は、ご予約をお待ちしております。

 

京王線や小田急線沿線にお住いの方は「京王永山駅」「小田急永山駅」から消防署方面に8分ほど歩いていただくと見える歯医者さんが当院です。