ブログ

HOME > ブログ > 歯周病予防に効果的な舌ブラシ

歯周病予防に効果的な舌ブラシ

[舌ブラシ] ブログ村キーワード
歯周病を治療したり予防したりしていく上で、一番大切なことは「プラークコントロール」です。

プラークコントロールとは、細菌の塊である「プラーク」をお口の中から徹底的に排除することで、つまりが『歯ブラシをきちんとする』ということです。

 

福嶋歯科医院は東京都多摩市にある『歯周病治療専門の歯科医院』ですが、当院に初めていらっしゃる患者様の90%以上がきちんとプラークコントロールが行えていません。

そこで、当院では歯周病治療に理想的なブラッシング状態を確立するために、細かいところに目を向けずにまずはプラークを大まかに除去できる場所からのブラッシング指導を行なっています。

 

その一つが「舌みがき」です。

 

歯周病が発生しているメインの場所である「歯周ポケット」は面積でいうと「手のひら」と同じくらいあります。

そして、舌の表面も「乳頭」と呼ばれる突起が無数にあるため表面積が多くなり、歯周ポケットと同じくらいの細菌が住める面積があるのです。

 

Print

 

歯周ポケットと同じくらいバクテリアの倉庫と化している舌ですが、歯周ポケットと比べて格段に掃除しやすく、目に見えて綺麗になっていくのがわかるため、プラークコントロールの初期段階としてまずはここを徹底的に清潔に保つことから始めるのがコツです。

toung-microbe

クリーニング方法については専用の『舌ブラシ』を使っても良いですし、歯ブラシを利用しても構いません。

手軽に行える方法ですので、ぜひ試してみてください。

 

福嶋歯科医院では、この他にも歯ブラシの効果的な当て方や選び方を指導させて頂いており、最初はどんなにうまく磨けなかった方でも回を重ねるごとに上手になっていきます。

多摩市馬引沢や京王線・小田急線沿線の方、京王永山駅にお住いの方などお気軽にご相談ください。