ブログ

HOME > ブログ > 歯周病治療のための「矯正治療」3つのメリットとは?

歯周病治療のための「矯正治療」3つのメリットとは?

orthodontic-treatment

[矯正 歯] ブログ村キーワード
歯周病を治療していく上で『矯正治療』を行うことはとても有意義な選択です。

そこで、今回は矯正治療を行う上で、歯周病治療にどう良いのかをまとめて解説させて頂きます。

 

矯正治療のメリット① 歯ブラシが行いやすくなる

こちらの写真のように歯並びが悪い状態ですと、歯ブラシが届きにくくプラークがたまる原因となります。

teeth-crowding

虫歯にしても歯周病にしても歯の病気のほとんどは細菌の塊である「プラーク」が原因です。

歯並びを整えて、歯ブラシが通りやすくすることで歯周病を予防するだけでなく歯周病治療を効率よく進めることが出来ます。

 

矯正治療のメリット② 歯の固定が行いやすくなる

こちらの写真は①枚目の写真に実際に矯正治療を行なった後の写真です。

teeth-crwoding-after-treatment

歯周病は歯を支える「歯槽骨」が無くなってしまう病気ですから、歯の揺れも出るようになります。

揺れを収めるために様々な方法で固定を行なっていくわけですが、歯並びが悪かったり、歯と歯が離れているとうまく固定をすることが出来ません。

 

矯正治療を行なって歯どうしを固定できるようになると、歯にかかる負担を分散させ、より持ちの良い固定を行えるようになります。

 

矯正治療のメリット③ 噛み合わせの負担が減る

メリット②で解説した理由の他にも食事のときのすり潰すような動きによる負担を減らすことができるようになります。

 

特に奥歯は縦の負荷には強いですが、横からの負荷に弱いため前歯でも負担させてあげることで、全体的な噛み合わせのバランスを保つことができます。

 

このように矯正治療は審美面を改善するための治療と思われがちですが、機能面も改善し、歯周病の治療・予防・再発防止のために必須の治療です。

 

歯周病の治療をきちんと行いたいとお考えの方は、多摩市馬引沢・小田急永山駅から徒歩8分の歯周病専門医「福嶋歯科医院」までお気軽にご相談ください。