ブログ

HOME > ブログ > 一歩進んだ歯周病治療【歯周外科治療】とは??

一歩進んだ歯周病治療【歯周外科治療】とは??

periodontal-surgery

[歯周病] ブログ村キーワード
これまで基本的な歯周病治療についてのお話をさせて頂きました。

簡単におさらいしますと、歯周病の基本治療には次のものがあります。

  1. きちんとした歯ブラシ習慣の確率
  2. プラークが溜まってしまう要素の除去
  3. 理想的な噛み合わせを構築

 

簡単にまとめると3つだけですが、実はその中にはたくさんの治療があります。

例えば、2番目の「プラークが溜まってしまう要素の除去」でいうと次のような治療があります。

  1. 虫歯の治療
  2. 合っていない被せ物の除去と再制作
  3. 合っていない詰め物の除去と再治療
  4. 抜歯
  5. 矯正治療

一般的に歯の数は上下合わせて28本ありますので、1つ1つの歯に対して行わなければなりません。

ここまで進めて初めて歯周病の初期治療が終わるのです。

 

periodontal-initial-treatment-1 periodontal-initial-treatment-2

上の写真は左が「治療前」で右が「初期治療後」です。

 

「前歯」はもともと入っていた被せ物が合っていなかったため、付け根から虫歯になっていました。

「奥歯」は重度の歯周病のために周囲の歯に悪影響を与えていたため、抜歯を行なっています。

この症例では矯正治療は必要なかったので行なっていません。

 

ここまで行うことで歯茎の状態はかなり改善し、歯周病の状態としてはかなり安定してきます。

しかし、ここまで進めても歯茎の下の「骨」の状態は改善していません!

 

そこでこの次のステップとして外科治療を行い、骨の状態を改善しなければならないのです。

それが『歯周外科治療』です。

当院では歯周病治療の専門病院として歯周外科を含めた歯周病治療に取り組んでいます。

小田急永山駅・京王永山駅にお住いの方で歯周病にお困りの方は是非一度ご相談ください。