ブログ

HOME > ブログ > 歯周病の理想的な治療「再生療法」とは?

歯周病の理想的な治療「再生療法」とは?

perio-tissue-regeneration

[歯周病] ブログ村キーワード
これまで、歯周病の治療方法にはいくつかのステップがあり、中でも『歯周外科治療』は歯周病治療の仕上げの治療であるというお話をさせていただきました。

一歩進んだ歯周病治療【歯周外科治療】とは??
ブログ村キーワードこれまで基本的な歯周病治療についてのお話をさせて頂きました。簡単におさらいしますと、歯周病の基本治療には次のものがあります。 きちんとした...

 

中等度以上の歯周病の場合、「歯周外科手術」は必須の治療です。必ず行わなければ治癒はしません。

『歯周病外科手術を行なった場合と行わなかった場合』を比較した統計によると治療終了後1年後と8年後に残る歯の数に差が出ることが分かりました。

 

こういった科学的な事実から歯周外科手術は歯周病を治療する上で必須の治療です。

 

特に『再生療法』と呼ばれる外科治療は、失われた歯槽骨を元の状態に近づけることが目的ですので、より歯周病が再発しにくくすることが可能です。

perio-tissue-regeneration

上の写真は重度の歯周病患者様に対して再生療法を行った2年後の写真です。

根尖近くまで失われていた歯槽骨が再生していることが分かります。

 

骨の形もボコボコしていた状態からより平面的な形に改善されているので、歯周病の再発がかなりしにくくなっています。

このように歯周病の治療を行なっていく上で再生治療を取り入れることはかなりのメリットのある選択なのです。

 

当院では東京都多摩市の歯周病治療専門病院として、再生療法をはじめとするさまざまな歯周外科手術をご用意しています。

歯周病と本気で向き合って治療を行ないたい方は是非、ご相談下さい。

 

小田急線沿線、京王線沿線をご利用の方は「永山駅」下車後、消防署方面へお進み下さい。