ブログ

HOME > ブログ > 歯周病になりにくい歯ぐきを作る治療『遊離歯肉移植術』とは?

歯周病になりにくい歯ぐきを作る治療『遊離歯肉移植術』とは?

[歯茎が下がる] ブログ村キーワード
これまで歯周病になってしまった場合にどのような治療法があるのかをお話ししてきました。

歯周病の治療のゴールは2つあります。

 

  • 歯周病によって失われた歯周組織を回復する。
  • 再び歯周病にならないような口腔内環境を整える。

 

今回お話しするのは、治療がある程度進んだ方や、これから歯周病予防をしていきたい方に関連する治療方法です。

 

歯周病を再発しにくくするには?

歯周病を再発させないためには、お口の中を常に清潔に保たねければなりません。

つまり毎日の徹底的なブラッシングです。

 

これまでも何度かお話ししてきましたが、数ヶ月に1度歯科医院でクリーニングをするよりも毎日自分でブラッシングできるようになる方が効果的です。

 

もちろん、歯科医院でのクリーニングにもメリットはたくさんあります。

 

そこで、いかにブラッシングしやすい口腔内環境かというのが重要になってきます。

Free-Gigival-Graft-Preope Free-Gigival-Graft-Postope

上の写真を見比べてみてください。

どちらが磨きやすそうに見えますでしょうか?

 

左の写真は歯ぐきの形がボコボコしているだけでなく、実は本来歯の周りにある硬い歯茎が歯周病によって失われています。

右の写真はその硬い歯茎を作り出し、形も滑らかになっているため汚れが溜まりにくく、掃除もしやすくなっています。

 

掃除がしやすいということは歯周病の原因であるプラークを毎日除去できて、再発を防止できるということです。

 

このように当院では多摩市の歯周病専門医としてな歯周病予防、歯周病再発防止のための治療も行っています。

歯周病に根本から真面目に取り組みたい方は是非、一度当院まで足をお運びください。

 

また京王線沿線の方や小田急線沿線の方は『永山駅』から徒歩でいらしていただくとスムーズにご来院いただけます。