ブログ

HOME > ブログ > 歯周病に効果的な歯磨き粉はありますか?

歯周病に効果的な歯磨き粉はありますか?

Toothpaste-on-brush

当院は多摩市にある歯科医院の中でも歯周病治療に特化したクリニックですので、多くの患者様から『歯周病によく効く歯磨き粉はありますか?』や『どの歯磨きペーストが歯周病予防におすすめですか?』といった質問をたくさん頂きます。

 

結論から申しますと、ある特定の歯磨き粉を使うことで歯周病を劇的に予防・治療できるわけではありません。

ではなぜ、歯周病予防を謳っている商品があるかと申しますと、確かに含まれている殺菌成分は歯周病を始め、虫歯菌などの多くの細菌を殺菌することができます。

 

しかし、これはあくまでも試験管の中でバクテリアに満遍なく殺菌成分を振りかけることのできる状態で行ったテストに基づいたものなのです。

Pseudomonas_syringae_cultures

しかしお口の中は違います。

特に歯周病菌が生息する歯周ポケットは『深くて狭い溝』ですから歯磨き粉の成分が届きにくいのです。

 

またバクテリアに薬剤が効きにくいもう1つの特徴として『バイオフィルム』というものがあります。

 

歯周病をより悪化させるバイオフィルム

バイオフィルムはネバネバした幕のようなもので、水分が浸透しにくい構造をした物体です。

下の写真は細菌由来のものではありませんが、バイオフィルムの一種です。

biofilm

歯周病や虫歯を引き起こす細菌はこのフィルムに包まれているため、いくら外側から薬液をかけても全く影響がないのです。

 

では、歯周病を予防するためにはどうすれば良いかと申しますと、バイオフィルム自体を直接『物理的』に壊せばいいのです。

これはつまり『歯ブラシでしっかりとする』ということなのです。

 

歯ブラシがきちんと出来るようになった上での歯磨き成分なら効果が期待できるかもしれません。

 

当院ではいらっしゃる患者様に詳しいお口の中の検査を行わせていただいておりますが、その1つにプラーク(細菌の塊)を染め出すという検査があります。

 

この検査でご自分のお口の中にどれくらい磨き残しがあるのかがわかるのですが、だいたい皆さん60%〜80%ほど磨き残しがあります。

Plaque Control

でもご自身では完璧に磨けていると思っている方が多いのが現実です。

お口のトラブルの74%は歯周病や虫歯といった『細菌感染症』によって起きていますので、きちんと予防や再発防止を行なっていきたいとお考えの方は是非当院でお口の総合的な検査をお受けください。

小田急線や京王線の沿線にお住みの方は『永山駅』で下車していただくと当院まで7〜8分でお越しいただけます。

 

歯ブラシに関するさらに詳しい情報は当院のパンフレットをお読み下さい。

エッセンシャル(歯磨きの回数と歯周病)