ブログ

HOME > ブログ > 歯周病の抜歯以外の治療方法はありますか?

歯周病の抜歯以外の治療方法はありますか?

当院は東京都多摩市の『永山駅』にある歯周病専門医の歯科医院です。

 

当院では軽度〜重度の歯周病になってしまった患者様がたくさん来院なさいますが、その中でも多いご意見に『歯周病を抜歯する以外に治す方法を探してここに来ました。』というものがあります。

 

ほかの病院でこれは抜くしか手立てがありませんと言われ、ご自身でかなり迷われた末に歯周病の専門家を探していらっしゃるのです。

 

確かに歯周病の治療方法として「抜歯」は選択肢の1つですが、唯一の方法というわけでもありません。具体的なオプションとして次の3つがあります。

  1. 基本的な歯周病治療
  2. 外科的な歯周病治療
  3. 抜歯をする

歯周病治療のおおまかな流れについてはコチラの記事をご覧ください。

歯周病治療の治療の流れ
歯周病治療には大きく分けて4つのステップがあります。 プラークコントロール 歯周基本治療 歯周外科治療 歯周補綴治療 実はそのほかにも「矯正治療」や「虫...

また外科手術の必要性については以前の記事をご参考になさって下さい。

歯周病を治療するためにどうして外科手術がどうして必要なのか?
当クリニックは歯周病専門医ですので、歯周病を治療するためのあらゆる治療方法を駆使して東京都多摩市周辺地域の方々の歯周病撲滅に携わらせていただいております。&nb...

 

歯周病治療で抜歯が必要な場合

では、どういった場合に『抜歯』をしなければならないのでしょうか?

それは、「基本的な治療」も「外科的な治療」もどちらも効果がなく、さらに周辺の歯に悪影響を及ぼすと判断される時です。

 

例えば3本並んでいる歯の真ん中の歯が歯周病が重度にまで進んでいたりすると、その両隣の歯も影響を受けて抜けてしまう可能性が高まります。

 

しかし、1本だけ孤立している歯の場合、戦略的に保存することがあります。特に当院でおすすめめしている『コーヌステレスコープ』と言われる入れ歯を使った治療の場合、術後の安定に不安が残る歯でも抜歯しないことがあります。

 

抜歯を回避するために必要な治療方法

先ほどもお話した『コーヌステレスコープ』という入れ歯は、抜歯をなるべく回避することのできる治療方法です。

100パーセント回避できるとは断言しませんが、重度の歯周病になっている方に特におすすめの治療方法です。

 

他にも将来的に歯が抜けてしまうリスクを抑えるために歯と歯を連結して固定が必要です。

歯をクリーンな状態にして、揺れないように固定し、そこから汚れがまたつかないようにクリーンな状態を保っていくことができれば歯周病の状態はかなり安定します。

 

しかし、歯が傾いていたり歯と歯の間が離れていたりすると、固定したくても出来ません。

そこで『矯正治療』が必要になってきます。

 

「矯正治療」と「コーヌステレスコープ」は歯周病を克服する上で非常に相性のよい治療方法です。

もしも、歯周病にお困りの方で、東京都多摩市や稲城市、神奈川県の麻生区などにお住いの方はいつでもご相談にいらして下さい。