ブログ

HOME > ブログ > 30代からこそ行うべき歯周病予防

30代からこそ行うべき歯周病予防

歯周病とは

歯周病は「歯の周りの病気」と書くように歯根の周囲に広がる感染症の1つです。

感染症が起きると体の中で免疫反応や炎症反応が起きますが、じつはこの炎症反応が長引くことによって様々な病気を引き起こすことが近年の研究から明らかとなってきました。

 

日本歯周病学会が発表したデータによると、歯周病によって肺炎死のリスクが3.9倍に跳ね上がり、心筋梗塞などの心疾患に1.59倍かかりやすくなることが分かっています。

図1

さらに6年に1度「厚生労働省」によって行われる大規模な調査では、日本人の44.9%が歯周病にかかっていることが判明しています。

1999年からの比較では歯磨きを毎日3回以上する人が増えているにもかかわらず、歯周病の割合はむしろ増えています。

図2

一方で、虫歯になっている人の割合は12年間の間3.5%前後で推移しており、ほぼ横ばいであるため、虫歯治療に関しては歯科医療がしっかりと機能していることが考えられます。

図3

この2つの事実から歯の健康に気を使う方が増えている一方で、歯周病が予防しきれていないということが考えられます。

 

では、一体何が原因で歯周病を防ぎきれないのでしょうか?

 

 歯周病を予防できない原因

歯周病が予防できない原因の1つは『歯周病』という病気が注目されてきたのが比較的最近であるために歯科医師側の準備が足りなかったということが考えられます。

 

歯周病治療と一言に行ってもその治療は多岐にわたり、基本治療に加えて「矯正治療」や「外科治療」「全顎補綴(ほてつ)治療」など多くの専門的な技術を組み合わせて行わなければなりません。

そのため、よくトレーニングされた歯周病専門医が一人で全てをこなすか、数人の専門家でチームを組み診療を進めていくかどちらかのスタイルが必要です。

 

そしてもう一つ考えられる原因が「患者様自信が日々のブラッシングの効果を最大限引き出せてない」ということです。

 

実際に私のクリニックに初めていらっしゃる患者様の多くは1日2〜3回歯を磨いている方が多いのですが、お口の中に残っているプラークを計測すると65〜90%の部位に磨き残しがあるケースが非常に多いです。

 

過去の研究からも毎回、癖で磨き残しが出るところは人それぞれ決まっており、予備知識がないままに1日3回以上歯を磨くことに意味はないことが分かっています。

 

そこで当院にいらっしゃる患者様には全てブラッシングの練習から行うことにさせて頂いております。

 

これは実は非常に理にかなっていて、1ヶ月に2回専門的なクリーニングを行うよりも、残りの28日間のホームケアを充実させる方がはるかに効果的で、治療の効率も良くなるからです。

 

 

前述のとおり、歯周病治療は多岐にわたる治療ですので毎回歯に付いているプラークを除去するところから始めていては、貴重な治療の時間が無駄になってしまいます。

 

多くの場合は3回目のブラッシング練習の時に目標値を達成する方が多いですが、上達が遅い方でも5回ほどトレーニングを積めばかなり良い清掃状態になってきます。

 

清掃状態が良くなることで歯茎が引き締まり、歯肉の中に隠れていた歯石が除去しやすくなったり、治療中の出血が抑えられるため精密な治療が可能となります。

 

年代別の歯周病罹患率

それではここで再びデータを見てみましょう。

図4

この表は歯周病にかかっている人の割合を年代別に出したものです。

年代を重ねるごとに歯周病に罹患する割合が増えてきているのが分かります。

 

この表からさらに“重度”の歯周病患者を抽出し、そこに毎日3回以上歯磨きをする人の割合も加えると下のような結果が出ました。

図5

20歳代〜70歳代まで歯を磨く頻度はほぼ変わらないにもかかわらず、年代を追うごとに重度の歯周病患者が増加しているという結果になりました。

さらに20歳代、30歳代と比較して40歳代から重症化のスピードが加速していることも分かります。

 

歯周病はメタボリック症候群などと同じく、遺伝的な要素よりも生活態度によって引き起こされる生活習慣病の一種ですので、予防をすることは十分可能な病気です。

 

しかし、歯磨きの頻度データからもわかるように「どうやったら適切な歯磨き習慣になるのか?」という疑問を明確にしない限り意味のないブラッシングを日々繰り返すことになってしまいます。

 

また同じ歯周病でも“軽症なもの”と“重度なもの”とでは、治療の複雑さや期間、費用ともにかなり大きく変わります。

 

これらの事実を踏まえた上で、30歳代からきちんとした専門家の元で歯周病ケアを始めることを強くおすすめ致します。

 

福嶋歯科医院情報

東京都多摩市馬引沢2−3−29

最寄駅:小田急永山駅/京王永山駅より徒歩8分

バスをご利用の方は京王バス「諏訪神社」で下車して下さい。

 

歯周病と全身の健康に関するさらに詳しい情報は当院のパンフレットをご参考になさって下さい。

エッセンシャル(歯周病と全身疾患)