インプラント治療

HOME > インプラント治療

歯を失ってしまったら

歯を失ってしまったら

歯を失ってしまうと見た目が悪いだけでなく、食べ物を噛み砕く「咀嚼(そしゃく)」や会話における「発音」に支障をきたすことがあります。また歯が抜けたまま放っておくと、となりの歯が倒れ込んできたり、噛み合っていた歯が伸びてきたりして噛み合わせのバランスをくずしかねません。するとお口全体の健康をおびやかします。

失った歯を補う治療のひとつがインプラント治療です。東京都多摩市の永山駅より徒歩8分の歯医者「福嶋歯科医院」では、高度な技術を必要とするインプラント治療もご提供しています。

自然な噛み心地を

自然な噛み心地を

インプラント治療とは、歯を失った部分の顎の骨にインプラント(人工歯根)を埋め込み、それを土台にして、上にセラミック製などの被せ物を装着したり、特殊な入れ歯を装着したりして歯の機能を補う治療法です。特殊な表面加工が施されたチタン製の人工歯根が、顎の骨としっかり結合するので、天然歯に近い噛み心地が得られます。

インプラント治療のメリット・デメリット

メリット
  • インプラントが安定すると自分の歯に近い感覚で噛むことができます
  • 被せ物などの人工歯をセラミック製などにすると天然歯のような自然な仕上がりになります
  • まわりの歯にバネをかけたり、削ったりして支台にすることがないので、残っている歯に負担をかけません
  • 入れ歯と違い、異物感がありません。
デメリット
  • インプラントを埋め込むための外科手術が必要です
  • インプラントと骨の結合には時間がかかるため治療期間を設けなければなりません
  • 自費診療のため治療費を全額自己負担しなければなりません

治療の流れ

こちらでは一般的なインプラント治療の流れをご紹介します。歯肉を2回切開するので「2回法」といわれる治療法です。お口の状態やインプラントの種類によって、ほかにもさまざまな種類の治療法があります。

Step1:歯ぐきの切開 Step2:ドリリング Step3:インプラント埋入
歯ぐきの切開 ドリリング インプラント埋入
麻酔をしてから、歯ぐきを切開して、インプラントを埋めるために顎の骨を露出させます。 専用のドリルでインプラントを埋めるための穴を開けます。 インプラントを埋め込みます。そして歯ぐきを縫合します。
Step4:治癒期間 Step5:アバットメント装着 Step6:人工歯の装着
治癒期間 アバットメント装着 人工歯の装着
インプラントが顎の骨に結合するまで3~6ヶ月の治癒期間を設けます。この期間に必要に応じて軟組織の移植を行います。 インプラントの安定を確認してから、歯肉を切開し人工歯とインプラントの連結部位(アバットメント)を装着します。 アバットメントに人工歯を装着して治療完了です。

左右にスクロールして、表の内容を確認することができます

インプラント周囲炎に注意しましょう

インプラントは人工物なので虫歯になる心配はありませんが、毎日のケアを怠ると歯周病に似た「インプラント周囲炎」にかかってしまうことがあります。インプラントは骨との結合面積を増やすためにザラザラした表面をしており、天然の歯と比べて歯周病菌の除去が難しいため注意が必要です。インプラント治療を行ったら、毎日しっかりケアして、定期的な歯科医院でのメインテナンスも受けましょう。当院には歯周病専門医がおりますので、歯周病治療をしっかり行って安定した状態を確認してからインプラント治療を行います。またメインテナンスにも力を入れていますので、インプラント治療についてお気軽にご相談ください。

骨増生手術について

インプラント治療では顎の骨に人工歯根を埋め込むので十分な骨の幅や高さが必要です。そのため、顎の骨が痩せていることを理由にインプラント治療を断られてしまうことがあります。しかし現在では、治療技術や材料の進歩により顎の骨の再生ができるようになってきています。当院では再生療法にも対応していますので、他院で治療を断られてしまった方も一度ご相談ください。

メリット デメリット
骨増生術の特徴
メリット 骨造成術によって骨の幅や厚みを増やすことで、理想的な位置へとインプラントを配置することができます。また、インプラントの角度を適正にすることができるため、過重負担を極力抑え、プラークなどの細菌の停滞を防ぐことができます。
そのため、メインテナンスを行うことで長持ちしやすいインプラント治療を行うことができます。
  • インプラントが安定すると自分の歯に近い感覚で噛むことができます
  • 被せ物などの人工歯をセラミック製などにすると天然歯のような自然な仕上がりになります
  • まわりの歯にバネをかけたり、削ったりして支台にすることがないので、残っている歯に負担をかけません
デメリット 場合によっては、インプラント治療と同時に行うことができますが、状況に応じてインプラント手術の前に追加で手術を行うことがあります。
また、骨ができるのを待たなければならないため、3カ月間ほど治療期間が伸びます。
  • インプラントを埋め込むための外科手術が必要です
  • インプラントと骨の結合には時間がかかるため治療期間を設けなければなりません
  • 自費診療のため治療費を全額自己負担しなければなりません