『ブログ』

多摩市永山駅の福嶋歯科医院 トップページ > ブログ

ブログ一覧

歯周病検査① 口腔内写真

2016.11.08

歯周病治療での口腔内写真撮影のメリット 多摩市永山の歯医者、福嶋歯科医院では特別にセッティングされた「デジタル一眼レフカメラ」を使ってお口の中の状態を記録する「口腔内写真撮影」という検査を行っています。 この検査を行うメリットには次のようなものがありま...

»記事を読む

歯周基本検査とは?

2016.11.08

歯周病の初期症状の判定に便利な「歯周基本検査」 多摩市馬引沢の小田急・京王永山駅から徒歩8分にある歯周病専門の歯医者さん「福嶋歯科医院」では患者さんの歯周病の状態に合わせて歯周病の検査方法を使い分けています。 歯周病の初期段階である『歯肉炎』の検査には...

»記事を読む

専門的な歯周病の検査方法とは?

2016.11.08

歯周病専門医院で行なっている検査方法 福嶋歯科医院は多摩市馬引沢や永山駅周辺エリアで唯一歯周病治療を専門的に行える歯医者です。 歯周病のスペシャリストとして検査も通常よりも精密に行っています。 一般的な歯周病の検査は簡易的なものなので調べる項目が...

»記事を読む

侵襲性歯周炎とはどんな病気か??

2016.11.08

侵襲性歯周炎の特徴 私が多摩市永山エリアで働く以前から歯周病専門医として多くの歯周病患者さんを治療してきましたが、一番厄介で症状が重篤なのが侵襲性歯周炎でした。 侵襲性歯周炎は30歳を中心に急速に進行し、40歳代になると進行が緩やかになる特徴があります...

»記事を読む

若い人の歯周病「侵襲性歯周炎」とは

2016.11.08

侵襲性歯周炎とは 歯周病の中でもひときわ悪性度が高く進行が早いのが「侵襲性歯周炎」です。 侵襲性歯周炎は通常の歯周病とは異なる特徴を持っています。 その1つが若い人に発生するという事です。 通常、歯周病は35歳くらいから進行が始まり数年かけ...

»記事を読む

妊娠性歯肉炎とは

2016.11.08

胎児にも影響が出る「妊娠性歯肉炎」とは 妊娠性歯肉炎とは主に妊娠中に起きる歯周病の一種です。 歯周病菌の中には女性ホルモンを餌として好む通称「P.i.」と呼ばれる細菌がおり、特に妊娠中は女性ホルモンの量が多くなる事から菌が増殖しやすくなります。 ...

»記事を読む

歯が自然に抜けることもある『重度歯周炎』とは??

2016.11.08

重度歯周病の症状とは 重度歯周病とは、歯周病の状態がかなり進行して末期になってしまった状態です。 通常、歯の周りにある溝が3ミリほどですが、重度の歯周病では7~10㎜ほどまで深くなってしまいます。   ほぼ根っこの先端部分まで骨が...

»記事を読む

進行した歯周病『中等度歯周病』とは??

2016.11.08

中等度歯周病とは 中等度歯周病とはより歯周病の状態が進行し、歯の植わっている歯槽骨が溶けている状態です。 さらに、歯と顎の骨をつないでいる「歯根膜」という組織もダメージを受けています。 歯根膜というのは骨と歯をつなぐだけでなく、食事をして噛み合わ...

»記事を読む

歯周病の初期段階『軽度歯周炎』とは??

2016.11.08

軽度歯周病とは 歯周病は軽度・中等度・重度の3つの段階に分ける事ができます。 軽度歯周病とは、歯肉炎の段階を少し超えて炎症が骨に達し始めている状態の事です。 通常の歯茎は歯の周りに3ミリほどの溝がありますが、軽度歯周病では歯茎が腫れて4~5ミリ位...

»記事を読む

歯周病の入り口『歯肉炎』とは?

2016.11.08

[歯肉炎] ブログ村キーワード 歯肉炎とは 歯肉炎とは、歯周病の前段階の病気で、放置する事で『歯周病』へと発展します!! 歯肉炎も歯周病と同じく細菌による感染症です。 発症する年齢は小学生くらいのお子さんからご高齢の方まで幅広くいらっしゃいます...

»記事を読む