歯周病と全身の健康

HOME > 歯周病と全身の健康

歯周病と全身疾患の関連性

歯を失うことにつながる歯周病は、お口の中だけの病気だと思われがちですが、近年では、全身疾患との関連性も指摘されるようになりました。

こちらでは東京都多摩市の歯医者、永山駅より徒歩8分の歯周病専門医がいる「福嶋歯科医院」が、歯周病と全身疾患の関連性についてご説明します。

歯周病と全身疾患

歯周病と全身疾患

歯周病にかかり悪化させてしまうと、歯周病原菌だけでなく歯周病菌が産出する毒素が血管を通り、全身に運ばれていきやすくなります。すると次のような重篤な疾患を招く可能性があると報告されています。歯周病治療は「歯を守る」だけでなく、「全身の健康を守る」治療でもあるのです。

歯周病にかかっていることでリスクが高まる全身疾患

こちらは歯周病に罹患している方が健康な方と比べてどれくらい全身疾患になりやすいかを示した表です。

カテゴリー 疾患 倍率 歯周病治療による改善度など
心疾患 虚血性心疾患(狭心症・心筋梗塞) 1.59 「善玉コレステロール値」や「C反応性タンパク質」ほか「動脈壁の状態」の改善がみられます
冠動脈性心疾患(動脈硬化) 1.51
早産・
低体重児出産
早産 1.70 妊娠中期の安定期に歯周病治療を行うことが大切です
低体重児出産 1.82
妊娠高血圧 1.61
肺炎 肺炎死 3.90 肺炎以外にも呼吸器系の疾患のリスクの低下がみられます
リウマチ リウマチ 2.00 歯周病治療により改善傾向が認められますが、リウマチ治療のため薬が免疫力を低下させ、さまざまな細菌に感染しやすくなるので注意深い治療が必要です
腎臓病 慢性腎臓病 1.60 外科的ではない歯周病治療を行うことでも改善が報告されています
腎機能低下 2.24
肝臓病 肝機能障害 2.30 まだ十分なデータがありません
非アルコール性脂肪 2.1~3.9 外科的ではない歯周病治療を3ヶ月行うことでAST、ALTの値が改善したという報告があります
肝炎
糖尿病 2型糖尿病(生活習慣による糖尿病) 2.60 歯周病の外科処置でHbA1cが0.5%も改善したという報告があります
耐糖能異常(糖尿病予備軍) 2~3

左右にスクロールして、表の内容を確認することができます

歯周病にかかるリスクを高める病気や生活習慣
糖尿病 糖尿病が悪化すると歯周病も悪化することがあるとの報告があります。糖尿病の方はそうでない方にくらべて1.5~2.6倍の確率で歯周病を発症しています。反対に歯周病の治療により糖尿病の検査数値の改善がみられますので、糖尿病と歯周病には相互関連の可能性があると言われているのです。
喫煙習慣 喫煙歴の長さにかかわらず、禁煙すると歯周病のリスクの低下がみられます。喫煙者の歯周病発症率は非喫煙者にくらべ2~8倍です。たばこの煙に含まれるさまざまな物質により毛細血管が収縮し、炎症を抑えるための免疫力も抑えられてしまうためだと考えられます。全身の健康のためにも歯周病の治療のためにも禁煙をおすすめします。