歯周病治療の流れ

HOME > 歯周病治療の流れ

歯周病の治療方法と期間

歯周病の治療方法と期間

東京都多摩市の「福嶋歯科医院」は歯周病専門医が在籍する歯医者です。歯周病でお悩みの方、歯周病を予防したい方はお気軽にご相談ください。こちらでは、歯周病治療の流れについてご説明します。

歯周病治療の流れ

歯周病の治療はプラークコントロール、歯周基本治療、歯周外科治療。歯周補綴治療の4つのステップで行っていきます。

治療終了後からは数ヶ月に1度来院していただくメインテナンスが始まります。

プラークコントロール
プラークコントロール

プラークコントロールとは、細菌の境であるプラークが無い状態を保つことを言います。多くの場合はブラッシング指導を行い、患者様一人ひとりのお口の状態に合った歯ブラシの持ち方や動かし方のアドバイスをするほか、歯間ブラシやデンタルフロスの使い方などもご説明いたします。プラークコントロールをいかに上手に行えるかによって、歯周病治療の結果に大きく差が出るため非常に重要です。

歯周基本治療
・スケーリング
スケーリング

「スケーラー」という専用器具などを用いて、毎日のブラッシングでは落としきれないプラーク(歯垢)や歯石を除去します。徹底的に清潔に保つことが歯周病治療や予防の基本です。

・ルートプレーニング
ルートプレーニング

スケーリングでも落としきれない歯周ポケットの奥深くのプラークや歯石を「キュレット」という器具を用いて取り除きます。仕上げに歯根表面を滑らかにして汚れの再付着を防ぎます。
必要に応じて「痛くない麻酔」を行って治療を行うことがあります。

・生活習慣の改善
生活習慣の改善

歯周病は生活習慣病の一種で、普段の生活習慣が病気を引き起こす原因となる事があります。特に喫煙は歯周病にかかるリスクを2~8倍にするという研究結果もあります。さらに歯周病にかかっている方は心疾患を引き起こすリスクが1.6倍になるため、お口と身体の両方の健康のために禁煙をすること強くおすすめします。当院では、禁煙を行いたい方のために禁煙外来への紹介も行っています。

歯周外科治療

歯周外科治療にはさまざまな種類があり、通常の治療では取り除けない感染源を除去したり、失われてしまった顎の骨を再生させたりする他、歯茎の質を改善して審美性を良くしたり、歯周病が再発しにくい口腔内環境に整える目的があります。

・フラップ手術
フラップ手術

スケーリングやルートプレーニングといった基本的な治療では落としきれない歯周ポケットの奥深くに付着している歯石やプラークを取り除くために麻酔をしてから歯肉を切開して歯根を露出させます。通常は歯茎の中に埋もれている汚れがよく見える状態になるので確実に感染源を除去することが出来ます。
専用の器具で徹底的に綺麗にしたら、表面のでこぼこを滑らかに仕上げて再び汚れが付着しないように仕上げてから歯肉を縫合します。

歯の状態や本数により異なりますが、処置時間は1~2時間ほどで入院は必要ありません。徹底的に汚れを落とす細かい作業なので時間と手間がかかりますが、非常に効果的な治療となります。手術後は特殊なパックで傷口を保護し、1~2週間後に抜糸を行います。術後の痛みについては「痛み止めを飲むほどではなかった」という方が多いです。

エムドゲイン法 エムドゲイン法 エムドゲインゲル®という豚由来の特殊なタンパク質を使って歯周組織の再生を促す方法です。
生体由来の材料ですが、厚生労働省が正式に認可をしているため安全性は保証されています。
GTR法 GTR法 メンブレンという特殊な膜を使って破壊された顎の骨の再生を促す方法です。エムドゲイン法に比べてより元の状態に近い歯周組織を再生させることができます。またインプラント治療のために骨の高さを増やしたい場合などにも用います。
・Gem21s法
Gem21s法

人工の骨とrhPDGFという成長因子を組み合わせて行う方法です。歯槽骨を作る細胞の足場となる素材を入れるため、より骨が再生しやすい特徴があります。rh-PDGFを使った研究によると80%の確率で平均して骨が2mm、歯周ポケットが6mmも改善したというデータがあり、当院では特に中等度~重度の歯周病の方におすすめしています

GEm21s 術前・述語
・歯肉の移植
SCTG(上皮下結合組織移植術)

歯茎が下がって歯根が露出したり、窪んでプラークが溜まりやすい場所に結合組織を移植する方法です。上皮を残して結合組織だけを採取するため、術後は痛みが少ないのが特長です。さらにFGGと比べて周りの組織と馴染みやすい特長があるため、より美しい歯茎を作ることが出来ます。

SCTG(上皮下結合組織移植術)
FGG(遊離歯肉移植)

歯肉が下がってしまい歯周病の再発の危険性がある歯茎に対して、口蓋の上皮を移植する方法です。厚みのある歯肉を移植できるため丈夫な歯茎を作ることが出来ますが、若干色調が周りの歯肉と異なる欠点があります。およそ1週間ほどで生着します。

FGG(遊離歯肉移植)
根面被覆

歯周病や無理な磨きすぎ、矯正治療後などに歯茎が下がってしまった状態も移植を行うことで審美性を改善することができます。結合組織を移植するので、周りに歯茎と色調が合いやすいのが特徴です。

また、歯根が露出することにより起きる「知覚過敏」を抑制する効果もあります。

根面被覆
歯周補綴治療
歯周補綴治療

中等度~重度の歯周病の場合は、すでにほかの歯が抜けて、残っている歯も揺れが大きい場合があります。このようなときに残っている歯を被せ物で固定するのが歯周補綴療法です。

その際におすすめの素材はセラミックです。金属やレジン(歯科用プラスチック)を使用するとプラークが付着しやすいので、歯肉の炎症を起こしやすく2次的な虫歯を発生させる危険性もあります。しかしセラミックは汚れがつきにくいのでお口のトラブルのリスクを減らしてくれます。また見た目も自然で着色もしにくいので、美しい仕上がりになります。またコーヌステレスコープといった特殊な入れ歯を使うことで残った歯を最大限長持ちさせることもできます。

・メインテナンス

メインテナンス

虫歯も歯周病も再発しやすい病気です。そのため治療が終わったら、メインテナンスを始めることが大切です。メインテナンスには2つの目的があります。それは「再発防止」と「早期発見・早期治療」です。

当院では3ヶ月に1回程度のペースでのメインテナンスをおすすめしています。これは100日を目安にバイオフィルムの面積が元に戻るという研究報告に基づいて設定している期間です。お口の状態によっては6ヶ月に1回のペースで対応可能な場合もありますので、患者様に合ったメインテナンスプランをご提案します。